法律のプロに相談すればスピード解決

身の回りには法律との関わりがある様々なトラブルがありますが、法律のプロである弁護士や税理士などに相談すれば速やかに解決できます。離婚問題や債務整理などからB型肝炎訴訟の問題に至るまで多様な相談を扱ってもらうことが可能です。

相続税に関する問題は弁護士に相談~弁護士に依頼するメリット~

男女

男女間のトラブルによる依頼は多い

相談内容として男女間のトラブルに関するものは典型的であり、離婚だけでなく些細な男女間のいざこざを訴訟問題にして慰謝料を請求したいという依頼が多くなっています。女性が見知らぬ男性に付きまとわれたというストーカー被害による相談もありますが、男性も女性に騙されたという形で弁護士に相談に来る場合も増えているのが現状です。

相続税の申告や対策も重要

相続が発生したときには相続遺産を正しく計算して相続税を納めなければなりません。その金額を少しでも減らすには税法に従って適切な相続税対策を行うのが重要です。生前贈与をしたり、各種特例を適用したりして税額を減らす努力をする上では税理士に相談するのが大切になります。浜松の税理士などの相続税に強い人に相談するのが肝心です。

顧問弁護士がいれば相手より有利

大阪などの都市部では多くの企業があり、企業間での訴訟もしばしば起こります。企業と顧客の間でもトラブルが生じがちですが、その際に少しでも有利にするには顧問弁護士を抱えておくのが大切です。会社の事業や内情をよく理解していて的確な対応を取れるからであり、弁護士費用についても長期的に見れば安上がりになります。

[PR]
残業代なら弁護士に京都で依頼
解決事例を確認しちゃおう

より多く慰謝料請求するコツ

少しでも多く慰謝料を請求したいと考えたら根拠がなければなりません。物的証拠を持って損害を被ったと示せると大きな金額の請求が通りやすくなります。精神的な苦痛によってうつになったという場合にも慰謝料を上げることが可能です。

男女間で多い様々なトラブル・ベスト5

no.1

不倫の疑惑の発生によるトラブル

不倫の疑惑が発端になるトラブルは最も多いものです。不倫をしている気がするから弁護士に相談するというケースもありますが、逆に慰謝料請求されたというときに困り果ててしまって弁護士にすがりに来るというのも珍しくありません。

no.2

元交際相手からの嫌がらせ

男女のトラブルとして二番目に多いのが元交際相手からの嫌がらせです。特に別れるときに未練が残っていると執着心が大きくなりやすく、相手が結婚してからもしつこく付きまとわれて困るというケースが多発しています。

no.3

ストーカーによる被害

交際に至るようなことがなくても異性に付きまとわれるケースはしばしばあります。ストーカーによる被害は男女のトラブルとして三番目に多いものであり、精神的に病んでしまってから弁護士に相談することも少なくありません。

no.4

独身だという嘘によるトラブル

独身だという話を聞いて結婚をするつもりで交際を続けて来たけれど嘘だったというのもよくあるトラブルです。独身と言った方が好きになってくれると考えて偽っていたものの、プロポーズされて事実を明かしたら怒りを買って訴訟になったというケースがあります。

no.5

婚約の一方的な形での破棄

男女のトラブルとして第五位になったのが婚約の一方的な破棄です。結婚する気でいたのに自分の都合で有無を言わさずに別れを告げられたことに傷つき、慰謝料を請求したいと考えて相談するというのが最もよくあるパターンです。

[PR]
新宿で税理士事務所を利用
税金対策をはじめよう

[PR]
大阪で過払いの悩み
専門知識を持っている司法書士事務所に相談

[PR]
大阪の税理士事務所
金銭的問題は専門的知識があるこちらに!

広告募集中