素人ではわからない問題も解決してくれる!相続税は税理士にお任せ

素人には難しい相続税について

相続が発生して遺産相続をしたら相続税を納めなければならないのが一般的です。課税対象額を正確に計算し、正しく控除を行って税額を求めるのは素人には簡単なことではないため、税理士に相談するに越したことはありません。

多くの人が体験した相続税のトラブル・ベスト5

no.1

土地の課税対象額が計算できない

相続遺産に土地があるときに課税対象額がどれだけになるかがわからないのはよくあるトラブルです。路線価図を正しく読めなければならないだけでなく、特例の適用が可能かどうかを判断しなければならない難しさがあります。

no.2

住宅の課税対象額の計算が正しいかわからない

住宅の課税対象額についても計算したけれど正しいかわからないという悩みが生じがちです。特に賃貸経営をしていた住宅があると借家権割合が問題になってきて正しく計算できているかがわからなくて困る傾向があります。

no.3

課税対象かどうかが判断できない

現金については名義が被相続人であれば課税対象だとよくわかりますが、家の中にあった様々なものを課税対象にすべきなのかがわからずに困ることもよくあります。間違えて考えて脱税にならないようにしたい気持ちと節税したい気持ちに苛まれがちです。

no.4

誰がどれだけ払う必要があるかがわからない

遺産分割を行ってそれぞれが個別に相続税を払う場合には誰がどれだけ払うかでトラブルが発生することがあります。特に不動産が関わってくると必ずしも法定相続が行われるとは限らないため、親族間でのもめ事が起こりがちです。

no.5

納税手続きの段取りがわからない

相続税は計算することができても、最終的にいつまでにどこにどのようにして納税をする必要があるのかがわからずに戸惑うことも珍しくありません。期日があることも知らずにいつの間にか時が過ぎてしまったということもよくあります。

素人ではわからない問題も解決してくれる!相続税は税理士にお任せ

電卓を持つ人

税理士報酬や相続税申告額の少なさに注目

税理士に相続税の手続きを依頼すると税理士報酬を支払うことになります。基本的には相続税申告額に比例する金額に設定されているので、金額が少なければ支払額は大した額にはなりません。相続税は基礎控除額が大きく、配偶者控除や各種特例の適用によって大幅に引き下げられるため、意外に払う金額が少なくなるのが一般的です。

税務調査対策としても役立つ

税理士に相談して相続税の計算をしてもらっておくと税務調査に怯える必要がなくなります。万が一、税務調査が入って未納分があると滞納があったということになって高額の税金を払わなければならなくなるリスクがあるのです。その懸念を持たないで済ませるには専門家である税理士に正しく計算してもらうに越したことはありません。

基本報酬と加算報酬について知ろう

相続税について税理士に依頼をしたときの報酬体系として一般的なのが基本報酬と加算報酬を組み合わせるというものです。基本報酬は遺産総額に基いて求めるようになっていて、金額が大きくなるほど報酬額が高くなる仕組みになっています。これとは別に土地や非上場株式などの数、相続人の人数などによって加算報酬が必要になるという仕組みになっているのです。

メールや電話で無料相談してみる

相続税についての悩みを持ったらまずはメールや電話で税理士に相談してみるのが良い方法です。大阪などの人口が多い地域を中心として、多くの税理士事務所では初回の相談に関して無料で対応してくれます。少し相談をしてみて本格的に税理士に相続税の扱いを全て任せてしまった方が良いと判断されたら依頼をすれば良いのです。

税理士事務所を選ぶ際のポイント3つ

相続税に強い事務所を選ぶ

税金には様々な種類があるため、税理士も得意とする税金の酒類に違いがあります。相続税に強い税理士を抱えている事務所を選んで相談するのが肝心であり、最大限の節税ができるように相続税を計算してもらうことが可能です。

料金体系が明確なのが大事

相続税の相談をしたときに報酬がいくらになるかが明確になっている事務所を選ぶのも大切です。料金体系が不明瞭な場合には全ての手続きが終わってから高額請求を受けることになってしまうリスクがあるので注意しなければなりません。

付き合いやすい相手を選ぶのも大切

相続税について相談する上で考えておきたいのが付き合いやすさです。手続きを進める上で様々なトラブルが発生する可能性がありますが、その度に気軽に相談できる担当者に巡り会えると安心して相続手続きを進められます。

広告募集中